ちくびをピンクにするクリームランキング!黒ずみは簡単に解消できる

ちくびをピンクにするクリームランキング!

ちくびピンク
ちくびをピンクにするクリームで理想のちくびにしたいと思いませんか?

 

女どうしで行った温泉で、視線をちくびに感じた。。

 

はじめてのエッチのときに、一瞬、彼の表情が変わった。。。

 

遊んでる!とかヤリマン!と誤解されて悲しい思いをするのは、もう嫌ですよね!

 

ちくびをピンクにするクリームなら、朝晩30秒だけの塗るだけケアで理想のちくびになれちゃうんです♪

 

残念ながら、ちくびをピンクにするクリームには即効性がないので、今すぐピンクのちくびになれるわけではありません。

 

目安は3ヶ月

 

しかし2週間で効果を実感している人もいます。

 

ぜひぜひ、今すぐはじめてみてくださいね!

 

ちくびをピンクにするクリームのおすすめランキング!

 

ホスピピュア

 

ちくびピンク

評価

定価

9,000円

定期便の価格

5,500円

返金保証

90日

ホスピピュアの特徴
  • トラネキサム酸配合(厚生労働省が認めた美白の有効成分)
  • 湘南美容外科監修
  • 13種類の天然由来の美容成分
  • スクアランとシアバターで保湿
  • 衛生的に使えるエアレスポンプ

 

▼▼今なら3,500円引▼▼

ちくびピンク

 

 

 

イビサクリーム

 

ちくびピンク

評価

定価

7,000円

定期便の価格

4,970円

返金保証

28日

イビサクリームの特徴
  • トラネキサム酸配合(厚生労働省が認めた美白の有効成分)
  • グリチルリチン酸2Kを配合(肌荒れを防止してお肌を整える)
  • 4つの植物成分と8つの保湿成分(ヒアルロン酸入り)

 

▼▼今なら30%オフ▼▼

ちくびピンク

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ちくびピンク

評価

定価

9,980円

定期便の価格

5,980円

返金保証

90日

ホワイトラグジュアリーの特徴
  • スーパーVCT配合(厚生労働省が認めた美白の有効成分)
  • 7つの美白成分
  • ヒアルロン酸とプラセンタなどの美容成分

 

▼▼今なら4,000円引▼▼

ちくびピンク

 

 

ちくびをピンクにするクリームの選びかた4つのポイントをチェック!

 

厚生労働省が認めた美白の有効成分が入っているかチェック!

 

医薬部外品のちくびをピンクにするクリームを選んでくださいね。

 

特に厚生労働省が認めた美白の有効成分のトラネキサム酸がおすすめです。

 

ちくびをピンクにするには、ちくびの黒ずみを解消します。

 

なので、黒ずみの原因のメラニン色素の生成を抑えたり、排出させる働きがある成分が入っているものを選んでくださいね。

 

保湿成分が入っているかチェック!

 

ちくびが乾燥?と思われる方もいるかと思います。

 

ちくびの表面は大丈夫にみえても、ちくびがインナードライになっている可能性があります。

 

ちくびが黒ずみの原因のメラニンが過剰に生成されるのは、摩擦や乾燥です。

 

しっかり内側からの乾燥を改善して、肌のターンオーバーを整えるのには保湿が大切なのです。

 

保湿成分は、ちくびの外側からうるおいベールで、しっかりと摩擦からちくびを守ってくれます。

 

返金保証はあるかチェック!

 

ちくびをピンクにするクリームは無添加の成分が多く、とってもお肌に優しい成分で作られています。

 

そしてランキングで紹介しているちくびをピンクにするクリームは、発売以降、厚生労働省に副作用の報告がされていないクリームです。

 

しかし、肌が荒れてしまったら?と思いますよね。

 

せっかくお金を出して買ったのに、使えない。

 

と、いう思いをしないためにも返金保証があるちくびクリームを選んでくださいね。

 

続けられる値段かどうかチェック!

 

ちくびをピンクにするには、最低3ヶ月は必要です。

 

せっかくケアを始めるなら、3ヶ月買えるちくびをピンクにするクリームを選んでください。

 

 

ちくびピンク

 

ちくびをピンクにするクリームおすすめランキングで紹介しているクリームは、ポイント4の値段以外はチェック済みです。

 

あとは、あなたがポイント4の値段をチェックしてくださいね!

 

 

ちくびの黒ずみの原因を知って、ピンクのちくびを手に入れよう!

 

ちくびの黒ずみの原因はメラニンです。

 

メラニンが黒ずみの原因になってしまう理由と対策を紹介します。

 

ホルモンバランスの変化による黒ずみ

 

妊娠や出産により女性ホルモンは大きくバランスが崩れるため、ちくびが黒ずみます。

 

ちくびの色がバロメーターとなり、ちくびが急に黒ずんできたことによって妊娠がわかったという人もいるのです。

 

妊娠をすると、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンという2つの女性ホルモンが、妊娠20週目位から急激に増加していきます。

 

この2つのホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激します。

 

ホルモンの分泌が増加するとともに肌のメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなりちくびは黒ずんでいきます。

 

妊娠中は、黄体ホルモンがどんどん増加しますのでメラニンは増加しやすくなります。

 

これは妊娠中にシミや肝斑ができやすいのと同じです。

 

また出産後に授乳が始まると、授乳に備えて肌を保護する働きをもつメラニン色素が増えていくので、色素沈着が起こり黒ずんでしまうのです。

 

そして、妊娠中や出産後には精神的ストレスが増えたり、睡眠不足にもなりやすいので、生活リズムの変化や精神バランスが色素細胞を刺激して、メラニンが増加しやすくなります。

 

 

 

摩擦や日焼けによる黒ずみ

 

摩擦や日焼けによる色素沈着が起こりちくびが黒ずんでしまうことも原因といえます。

 

まず、ちくびが圧迫や摩擦を受けてしまうと肌のターンオーバーやバリア機能が低下してしまいます。

 

新陳代謝も下がることにより、肌の角質が硬くなってしまうので、肌の表面に溜まった角質が色素沈着を起こしてしまいます。

 

下着や洋服による摩擦やムレなどが原因で起こる場合がほとんどです。

 

ちくびには特に刺激を与えたつもりがなくても、毎日身に付けている下着や洋服による圧迫や摩擦が日常的に刺激を与えてしまっているのです。

 

特に下着を一日中付けていると、ちくびには24時間刺激を与え続けるので、ちくびへの負担は大きくなってしまいます。

 

また、日焼けによる黒ずみが原因とは、洋服や下着をつけているから日焼けはしないと思うかもしれませんが、実は紫外線の性質上、衣服を透過して日焼けをします。

 

とくに、紫外線量が多くなる夏の時期は衣服も薄着になるの紫外線を取り込みやすい状態になります。ちくびを紫外線から守るため、メラニンの保護機能によってちくびの黒ずみが起こるのです。

 

 

 

黒ずみを防ぐための対策についてご紹介しますね。

 

まず、妊娠や出産に伴う女性ホルモンバランスによる黒ずみは、産後の授乳期間を過ぎると自然と解消されていきます。

 

日常生活において、睡眠をしっかりとったり、食生活を正したり、ときには有酸素運動を行うことで、女性ホルモンはバランスを取り戻すことができます。

 

そして、ちくびの摩擦や日焼け対策としては、毎日の下着の摩擦を減らしてあげることです。

 

自分のバストに合った下着選びをして、締め付けが強い下着は控えてください。

 

そして、紫外線の強い季節には出来るだけ日傘を使って外出することをオススメします。

 

また、ちくびケアとして、美白成分が配合されているちくびをピンクにするクリーム効果的です。

 

ちくびピンク

 

ちくびの黒ずみを解消してピンクのちくびを手に入れて、自分自身の身体に自信を持ち女子力をあげていきましょうね!